事務所の規模は重要ではない

 

 

様々な士業があり、多くの人が独立して仕事をしています。様々な理由でそうした人たちに仕事を依頼するわけですが、選ぶときには、事務所の規模は大した重要要素にはなりませんから、そんなに気にするべきではないです。基本的に完全に個人能力で仕事の良し悪しが決まるものですし、さらに言えば、言い方は悪いですがマンパワーで行うわけですから、人が多いということはそれほど大きなメリットではないのです。仕事を分担できるならそれはメリットがあるのですが、士業関係は大抵、資格がないとできない仕事であり、また下手に分担をすると逆に仕事の効率が悪くなることすらあるのです。そのあたりことをよくよく考えて仕事を依頼するところを決める必要があります。それにかなり仕事の幅が広い士業、例えば法曹関係はその人の得意不得意がかなりありますので、事務所の大きさではなく、あくまでその人個人を信用できるのか、ということが重要なのです。言うまでもありませんが、料金なども非常に重要なことになります。色々な士業がありますが、業界で価格を統一をしているところは限りなく少ないです。つまり、事務所によってまったく金額が違うわけであり、選び抜く必要があるのです。

コメントは受け付けていません。