弁護士と司法書士の違いは

 

 

司法書士は依頼人に代わって、法律上の手続きの「代理」をしたり、相談を受けたりすることが本業となっています。

例えば、不動産の権利に関する登記申請、会社・法人に関する登記申請、抵当証券交付申請などの依頼を受けた時に、法務局において手続を行います。あるいは、法務局長に対して行う審査請求の手続における代理業務も行っています。

法的行為の代理業務なので、法務局だけではなく裁判所に対する訴訟の代理も行います。

ただし、司法書士が訴訟で行う代理業務は法務局への代理業務とは違い、代理のできる範囲が限定されています。司法書士が行える訴訟の代理業務というのは、「簡易裁判所」における訴訟手続、支払督促手続、民事保全手続、民事調停手続などです。そのため、訴訟の目的の価額や紛争の目的の価額は、簡易裁判所で扱える140万円以下に限られます。当然、刑事事件の訴訟代理権はありません。

なお、訴訟代理権は無くても、裁判所に提出する訴状や準備書面、検察庁に提出する告訴状などの書類を作成する代理業務を行うことは可能です。

ちなみに、2002年までは一切の訴訟代理権が認められていませんでしたが、2003年の法改正によって、法務大臣の認定を受けた認定司法書士だけが簡易裁判所の一部の訴訟を代理できるようになりました。

 

gf1420065446l

コメントは受け付けていません。