弁護士と司法書士ので任意整理・過払い金についての違いは

 

 

専門家によっての任意整理と過払い金の違いとは簡単に言うなら制限です。

司法書士の仕事とは書類作成のエキスパートですが、金額の請求や裁判所についても制限があります。
具体的には140万より上の金額については任意整理や過払い金を請求する事が出来ません。
これは法律で決まっており、無理となっています。
裁判所についても同様で司法書士の場合、簡易裁判所までとなっています。

よって任意整理であっても140万以上の案件については司法書士には依頼出来ません。
払い過ぎたお金についても同じで、訴訟に発展する場合、簡易裁判所までの制限があります。

つまり、借金の金額、取り戻すお金の金額、申し立てる裁判所や手続き後の訴訟の有無までトータルで考えた上で専門家を選ぶ必要があるとも言えます。

これは債務者の状況によって左右される事であり、どの専門家がベストかは一概には言えません。
ただ、借金問題の解決が複雑な状況になると予め予想されるのであれば、その状況込みで先に専門家を選んでおくと、後で異なる専門家に依頼し直す手間を省く事が出来るはずです。

債務者の方は、このような事を考慮した上で専門家を選択する事も大切だと覚えておいてください。
特に債務整理で取り戻すお金が多い場合、債務が多い場合はよく専門家のメリット、デメリットを調べる準備をしておきましょう。

 

コメントは受け付けていません。