弁護士と司法書士ので自己破産・民事再生での違いは

 

 

 

専門家による自己破産と民事再生の違いとは、利用できる裁判所、扱える案件が異なります。

弁護の専門家であれば、裁判所についての制限はありません。
扱える案件についても同様で、借金の額関係なく自己破産、民事再生どちらも案件を受け持つ事が可能です。
弁護の専門家の仕事場は裁判所ですから制限は少ない、と考えるとわかりやすいかもしれません。
依頼する場合は、費用が高めなケースが多いです。

司法書士の場合は、利用できる裁判所は簡易裁判所のみです。
債務整理で交渉可能な金額は、140万までとなっておりこちらも制限が付いています。
手続きに関しては両方共、代行権はなく、書類作成までとなっています。
依頼する場合については、書類作成の面が強い為、費用は安めに設定されている事が多いです。

 

 

2つの専門家を比べるとこのようになります。

 

 

弁護の専門家はオールラウンドですが依頼費用は高め、司法書士は書類作成のエキスパートである為、制限はありますが依頼費用については安めと覚えておいてください。

 

 

一概にどちらの専門家がベストとはいえません。
それは依頼する債務者の選択する手続き、抱えている借金の額、そして質、生活状況などを考慮する必要がある為です。

よって債務整理を検討されている人は、自分に合った専門家を見つけ、依頼すると良いでしょう。”

コメントは受け付けていません。