費用を明確に説明してくれう弁護士かを重視

 

gf1420065446l

 

 

日々の生活で様々なトラブルに巻き込まれてしまうことがあり、自分の力だけではどうにもならならなくなってしまうことがあるかもしれません。

 

そんなときは法律のプロを雇い弁護をお願いすることになりますが、彼らがすべて善人であったり、弱者の味方であったりするわけではありません。そこで、彼らがちゃんとした仕事をしてくれるのかを図る指標として費用を明確に説明してくれるかどうかで判断するという方法があります。

 
まず、何か手におえない問題を抱えた場合彼らに相談することになりますが、無料、もしくは有料で相談することになります。事件に着手した場合に着手金を払い、訴訟で勝ちを収めるなどの成功報酬、事務的な手続きに対しての手数料、通信費や宿泊費などの実費を依頼主は彼らに払うことになります。

 

これらには案件ごとにそれぞれ相場があり、それに基づき請求されるものですが、このあたりをうやむやに、余分な手数料などを見積もりに上乗せをしてくる者もいます。その説明はあいまいで、不明瞭ですが、相場など何も知らない依頼主はそういうものかと考え、請求された額を払ってしまいます。

 

また、このような者は弁護するための正当な料金体系では経営できない、つまり2流、3流であることが多いので、仕事も満足いく結果をもたらしてはくれません。
そのため、弁護を依頼する際は、料金体系を明確に説明してくれる者を選ぶべきです。

コメントは受け付けていません。